ネット上に多い誹謗中傷は相談窓口や警察を利用する

誰もが匿名で書き込めるネットの危険性

ネットには、匿名で意見を書き込めるサービスがたくさんあります。好きなジャンルについて語ったり、得意なことをネットで披露するのはとても素晴らしいことですが、気に入らない相手を誹謗中傷するのは、マナー違反ですよね。ですが、世の中にはマナーを守らない人も存在します。そのような人にターゲットにされると、ネット上に個人情報などを流されてしまうことがあるのが怖いところです。この問題を解決するには、どのようにしたらよいのでしょう。

サイバー犯罪に関する相談窓口を利用しよう

たとえ個人のブログであっても、相手に死ねと罵ったり、個人情報を晒すのは、立派な犯罪です。そのような被害を受けたのであれば、サイバー犯罪を取り扱う、窓口に相談してみましょう。名誉毀損に該当するとして、アドバイスを受けることができます。ちなみに、実名で公表された上に、死ねなどと書き込まれた場合に関して、名誉毀損が成立する可能性が高いことを、知っておいてください。地域に対応する、サイバー犯罪の相談窓口の電話番号にかけてみましょう。

警察に直接相談するのもおすすめ

実は、直接警察に赴いて、相談をすることも可能なんですよ。その際には証拠として、書き込まれた部分をプリントアウトして持参すれば、スムーズに対応してくれます。直接警察署に向かうのが不安であれば、サイバー犯罪の相談窓口へ先に電話をしておくと、気持ち的に余裕が生まれるでしょう。ちなみにネット上の名誉毀損は、個人情報をさらされるだけでなく、裸の画像を投稿されるのも該当します。被害が広まらないうちに、素早く警察などに相談するのが望ましいでしょう。

ネット上で誹謗中傷された場合の誹謗中傷対策は書き込みされた先によって運営者、管理人に対応してもらう事が出来ます。それ以外では、警察等に対応してもらえる可能性がありますので冷静に対処するべきです。