パソコンの修理に出す前にご自身で確認しましょう

トラブルの要因をチェックします

パソコンは一台でいくつものことができて利便性のある一方で、故障を起こしたときのトラブルは大きいです。とりわけ、製造会社へ修理に出すと労力や時間そして、金銭がかかると考えられます。仮に保証期間を経過しているなら自分で修理に挑戦する方法も悪くありません。要因によっては30分から幾数時間で直せる可能性があります。第一にパソコンの種類を調べます。タブレットやノートなど、筐体を開けることの不可能なものはOSリカバリーの手段しかありませんので無理やり開けないようにご留意ください。デスクトップパソコンであれば確認することが重要です。

電源の確認をしましょう

電源を入れてもノーアクションな状態があります。ディスプレイに何一つ出ないとどうしていいか想定できないかもしれません。そういった場合でもいろいろなサインがあります。まず第一に、ファンの回転する音が響く場合で画面が出ない場合はビデオカードの異常動作である可能性もあります。加えて、マザーボードによっては自己診断機能も存在して音がなるケースもあるので、その暁はマニュアルに音および故障の関連が記されています。それとは反対にファンの音が全然しないというようなケースでは、電源のトラブルという見方ができます。そのような時は電源ユニットの交換を考えます。本体、さらにビデオカードそして、CPUなど各部のファンを確認して限定的なファンだけ動いてない時はホコリが埋まって熱で故障するのを予防するためにエラーを発生させている場合があります。

OSの動作の確認について

電源を組み込んで英文メッセージ、あるいは製造会社ロゴは表わされるけどOSが動作しないケースではハードウェアおよびOSの異常動作、両方の可能性も考えられます。最も把握しやすいのは画面にメッセージが出てくるケースです。キーボードが接続していなかったり、接続しているハードディスクを一つずつ確認してメッセージが現れる場合はこのことがトラブルを指しているので応対しるべきです。接続ドライブで一定のエラーが出てストップしている場合は記されているドライブを調べます。ノートPCの場合ハードディスクは原則一台なのでこれが悪化するとOS起動はできません。こうした場合はハードディスクの交換とOSの再インストールとなると考えられます。

パソコンの修理とは、故障してしまったパソコンを修理することやあるいはそれを代わりに行うサービスのことです。