たくさんの人にアクセスしてもらえるスマートフォンウェブサイトの作り方

スマホユーザーの操作方法に合わせる

スマートフォンに対応したウェブサイトを作る場合には、スマートフォンユーザーがどのような操作をしてページを閲覧しているのかをしっかりと考えて作るようにしましょう。例えば情報サイトの場合には、下にスワイプして、片手操作ですべての情報を閲覧出来るようにすれば、読み手側が面倒な操作をする必要が無いので、アクセス数も上がっていきます。ECサイトなどもこれと同様であり、PCとは違った閲覧方法であることを作り手側は忘れてはいけません。

レイアウトもしっかりと考える

大画面のPCで閲覧するのとは違い、スマートフォン向けのウェブサイトの場合には、とにかくスマホの画面に合わせたページを作成することが大事になってきます。画像などを配置する場合には、スワイプ操作で簡単に閲覧出来るように配慮するなど、工夫が必要です。既存のウェブサイトをスマートフォン対応させる場合には、自力でデザインを考えていくのも良いですが、そうした作業が面倒でやりたくないというケースでは、外注に出すことが便利な方法です。

スマホ向けにHTMLを書き換える

スマートフォン向けに対応させる場合には、HTMLをスマホ向けに書き換えていく作業も必要です。端末ごとのCSSを設定しておくことで、自然なレイアウトのサイトをそれぞれのユーザーに見てもらうことが可能です。HTMLやCSSなどの知識を持っていない方は、勉強しながら自分で行うという方法もありますが、コーディングを代行してくれる業者もありますので、確実に見やすいスマートフォンウェブサイトを導入するなら、HTMLのコーディングを外注するのも良いでしょう。

スマートフォンWebサイト制作をスムーズに行うには、優れた技術が必要とされるため、予算に余裕があれば、外部のスペシャリストに依頼をすることも大事です。